男女

万が一の状況の備えて自転車保険に入っておこう

海外を対象にした保険

飛行機

海外での心強い味方

海外旅行保険は観光や留学、ビジネスなど海外へ渡航する人を対象としていて一泊二日のような短期から1年、2年といった長期まで滞在日数に応じて加入できる保険です。最近では海外旅行保険が付帯されているクレジットカードもありますが、多くの場合は30日や60日以内などと滞在日数が制限されているので、3か月以上の長期滞在予定の人は代理店やインターネットで長期向けの海外旅行保険に加入する必要があります。もちろん海外旅行保険は任意なので加入するかどうかは本人の意思次第ですが、実際に保険を請求したことがある人の中には、金銭的負担はもちろんのこと精神的不安も軽減されたという声も少なくありません。保険が役立つ代表的なトラブルとしては滞在中の病気やケガがあげられますが、多くの保険会社では世界各国の医療機関と提携していて、提携病院で治療を受けた際は自己負担なしというサービスを取り入れています。保険会社には日本語での対応が可能なコールセンターがあり、時にはスタッフが現地に駆け付けるなど何かあればすぐに対応してくれるようになっています。海外での治療は全額自己負担になるのは言うまでもありませんが、海外旅行保険には救援者費用と言って、家族が救援のために渡航する費用や病人の移送費なども補償されています。万が一保険に入っていなかった場合、救援者費用は数百万円はするでしょう。また長期保険ならではの補償としては緊急時一時費用というのがあります。